社長の思いを綴るブログスタッフブログ

福島・宮城で震度6強

2月13日(土)の夜11時過ぎ、東北で起こった地震は、翌朝のニュースで知った。
寝起きながらスマホの画面に「震度6強」の文字が目に入り、慌てて記事に目をやった。
Mj7.3(気象庁マグニチュード) 、最大震度6強、
被害は出ているようだが、死亡者の報告がなかったので少し安堵した。

 

さらに読み込むと「10年前の東日本大震災の余震」との記載がある。
あの地震は今もまだ続いているのかと驚いた。
この3月11日、震災から10年という節目を迎える。
あの日を決して忘れるなと、天からの警告を受けてるように思った。

朝から大きな衝撃を受けたこの日、地震のことをいろいろと考える事にした。
翌朝では、津波もなく死亡者も報告されてないが、
気になって過去の地震のについて改めて調べてみた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

阪神淡路大震災 : 直    5513人/86%★  関    921人/14%
東日本大震災  : 直  15895人/82%★     関  3523人/18%
中越地震    : 直        16人/24%      関      52人/76%★
熊本地震    : 直        50人/22%      関    180人/78%★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(直=直接死 関=震災関連死)

 

「直接死」というのは、読んで字の如く地震が直接の死因となったケース。
阪神淡路大震災では、建物倒壊により圧死された方が多く、
東日本大震災では、津波により溺死された方が多かった。

 

「震災関連死」は、直接死は免れたものの避難途中や避難後に原因があり、
震災との因果関係が認められたケース。
インフルエンザ感染や、水不足で口内細菌が増えたことによる誤嚥性肺炎、
⾞中泊によるエコノミークラス症候群、
また自殺された方も多数おられる。
避難生活が第二の災害となってしまったのだ。

 

ここで注目しなければならないのが、「直接死」と「震災関連死」の比率である。
阪神大震災、東日本大震災については、震災関連死の比率は少ないが、
全体の被害者数が多いため、絶対数で見ると決して少ない数ではない。

 

そして更に注目しなければならないのが、中越地震、熊本地震の比率だ。
圧倒的に震災関連死の方が多いことに驚く。
地震による建物被害はあったが、なんとか命は助かった。
しかしながら、せっかく助かった命を避難生活が原因で奪われた方が多い。

 

不便ながらも自宅で生活ができていれば、どうだっただろうかと思う。

 

少し難しい話になってしまうが、
熊本地震では、阪神淡路地震クラスの揺れでも倒壊しないとされてきた
耐震等級2の家が倒壊したことは1月のブログでも述べた。
想定されていなかった繰り返し地震による家の損傷が大きく、
避難生活を強いられた方が多くいらっしゃったのだ。

 

熊本地震の際、耐震等級3の住宅は16棟存在しており、
大きな損傷をすることなく家族を守り、避難生活も免れたという事実がある。

住み続けるためには「耐震等級3」の強さが必要であるが、
ただ、等級3にはいくつか導き方(計算方法)があり、

同じ等級3でも実際の強度に差があることを知っておられる方は少ない。
許容応力度計算によって導かれる「耐震等級3」の住宅ならば、
受ける損傷も小さく避難生活することなく、住み続けることができる。

 

家は命を守るだけでは足りない。

住み続ける事ができなければ、命を守り切ったとは言えない。

住み続けることができるということが、どれだけ大事なことか。

 

住宅の仕事に長く携わってきた中で、地震や震災で起こってきた事実を知り、
自分が人の命を預かる立場に立っていると考え、
耐震の大切さを毎日感じている。
だからこそ、命を守り、本当の意味で安心な家を建てる必要があるのだ。

 

まだまだ人間にはできることはある。
できるのにやらないのは罪である。
大地震という逃れることのできない事実に対し、人命の尊さを想いながら、
本当に安心のできる「耐震等級3」の住宅が当たり前になることを切に願う。

 

代表取締役 楠亀 輝雄

アバター
滋賀県を中心に注文住宅・店舗・施設の新築やリフォームを行っている地域工務店です。
低コストに抑えつつ、鉄骨造と比較して遜色のない強度を誇る木造建築をご提供致しております。

新築の骨組みには重量木骨造の「耐震構法SE構法」を採用し、温熱環境の構造設計、ZEHビルダーとして省エネ、ゼロ・エネ住宅を実現。

リフォームはコンクリート造、鉄骨造の建物のリフォームも対応。温熱環境・耐震性能の向上から、資産としてご家族のことも考えたご提案をいたします。大掛かりなものから、家の中の小さな修繕でもお気軽にご相談ください。

新築においては資産価値の維持、リフォームにあたっては将来的に次の世代へ継承していくことを想定し、年1回の定期点検、緊急時対応など、お客様との綿密で継続的なコミュニケーションに力をいれています。
モデルハウス見学や相談会も随時受付中。お気軽にお問い合わせ下さい。

新築|店舗・施設建築 |リフォーム |木造建築|重量木骨|省エネ、ゼロ・エネ住宅|耐震構法SE構法|高断熱高気密

〒527-0136 滋賀県 東近江市 南菩提寺町636 

Tel: 0120-45-3185Fax: 0749-45-1506Mail: company@kusukame.com

【受付時間】(8:00-18:00 水曜休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


滋賀にある耐震等級3の地震に強い工務店へのご予約・お問い合わせ

ご予約から、ちょっとしたご質問までお気軽にご相談ください。

Tel:0120-45-3185
(フリーダイアル)【受付時間】(8:00-18:00 水曜休)
住まいの相談会はこちら

メールでのお問合せは24時間受けつけております。
受付時間外にいただいたお問合せにつきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。