かめ子ブログ・他スタッフブログお知らせ

【冬を迎える前に】 楠亀工務店の断熱の考え方

断熱は環境保護という視点で考えても最近は重要視されていますが、断熱は主に屋根・壁・床の3つです。その中でも今日は壁についてのお話です。

 

壁の断熱は主に、壁の外側の外張り断熱と内側の充填断熱の2種類があります。その中でも楠亀工務店は、外張り断熱にネホマホーム45mm、充填断熱にロックウール105mmのダブル断熱を採用。

 

その理由は夏は涼しく、冬は暖かくと1年中快適にお過ごしいただくことはもちろんですが、結露のことを考えているからです。というのは高い耐震性を誇るSE構法は柱や梁、基礎に金物を多く使用します。そのことにより強度は担保されますが…

 

熱伝導も高く、外気の影響を受けやすくなります。使用する金物が冷え、結露を起こし、柱や梁、壁に深刻なダメージを与えるかもしれません。そのため金物への外気をシャットアウトするために外張り断熱は特に重視しています。

 

さらに、壁の中には構造用合板と呼ばれる板もあり、合板が冷えることで結露を起こしやすくなります。ここでも結露による壁の損傷の可能性があります。だからこそ外張り断熱は寒さ暑さを防ぐだけではなく、家の状態を保つためにも大切です。

 

先ほど申し上げた弊社の仕様よりハイスペックな断熱もありますが、その分コストも上がります。楠亀工務店では結露計算を行うことで、数値で結露が起こらないことをきちんと証明しているので安心してお過ごしいただけます。

 

木を見て森を見ずではありませんが、1つの数値や性能が高ければ良いのではなく、本当の意味で安全に、そして快適に住み続けられる家づくりという観点でこのダブル断熱を採用しています。

 

冒頭にもお伝えしましたが、断熱は壁のほかにも、屋根や床もございます。それらの考え方はまたの機会にお伝えできればと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

追伸:NEWSやブログも再開してまいります。お家づくりに役立つ情報などを発信してまいりますのでご覧いただけますと幸いです。

滋賀県を中心に全棟で耐震等級3の新築やリフォームを行っている耐震住宅専門の楠亀工務店です。
鉄骨造と比較して遜色のない強度を誇る木造建築をご提供致しております。
新築の骨組みには重量木骨造の「耐震構法SE構法」を採用し、温熱環境の構造設計、ZEHビルダーとして省エネ、ゼロ・エネ住宅を実現。

リフォームはコンクリート造、鉄骨造の建物のリフォームも対応。温熱環境・耐震性能の向上から、資産としてご家族のことも考えたご提案をいたします。大掛かりなものから、家の中の小さな修繕でもお気軽にご相談ください。

新築においては資産価値の維持、リフォームにあたっては将来的に次の世代へ継承していくことを想定し、年1回の定期点検、緊急時対応など、お客様との綿密で継続的なコミュニケーションに力をいれています。
モデルハウス見学や相談会も随時受付中。お気軽にお問い合わせ下さい。

耐震住宅専門店|新築 |リフォーム |重量木骨|省エネ、ゼロ・エネ住宅|耐震構法SE構法|高断熱高気密|耐震等級3

〒527-0136 滋賀県 東近江市 南菩提寺町636 

フリーダイアル: 0120-45-3185

Tel: 0749-45-2052Fax: 0749-45-1506Mail: company@kusukame.com

【受付時間】(8:00-18:00 水曜休)

滋賀にある耐震等級3の地震に強い工務店へのお問い合わせ

モデルハウス見学、住まいの相談会などお気軽にご参加ください。

0120-45-3185
【受付時間】(8:00-18:00 水曜休)
住まいの相談会はこちら

メールでのお問合せは24時間受けつけております。
受付時間外にいただいたお問合せにつきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。