楠亀工務店

お問い合わせフリーダイヤル0120-45-3185

楠亀の家は、なぜ高断熱高気密なのか?

高断熱高気密イメージ

住まいの不満の多くは室温に関するもの

楠亀の家は、ダブル断熱による高断熱と高気密を標準仕様にします。なぜ、断熱と気密にこだわるのでしょうか? それは、住む方の快適さと健康を考えているからです。
グラフは「住宅に関する誤算」と題された、アンケート調査の結果です。入居後の住まいに対する不満の上位3つは「暑い」「寒い」「結露」。いずれも室温に関することなのです。加えて、冷暖房効率やすきま風など、高断熱高気密と密接に関係する項目も不満の上位にあります。
設計時に断熱や気密性能を軽視することは、その後に大きな不満を残すということをまずご理解ください。

住宅情報「住宅に関する誤算」アンケートより
高性能サッシ

高断熱高気密が快適な室温をつくる

高断熱高気密とは、外気の温度をシャットアウトし、室内に伝えないということです。
図は、断熱が不十分な家と高気密高断熱の家、それぞれの家の「体感温度」を示したものです。体感温度は、(室温+室内表面温度)÷2でおよそ算出されます。断熱性能が不十分な家は外気の温度を室内に伝えるため、夏は、冷房を28℃に設定しても、体感温度は30℃を超えてしまいます。また、冬に暖房の温度設定を20℃にしていても、実際の体感温度は15℃にしかなりません。これでは、光熱費がかさんでしまう上に、冷暖房機器の無い部屋とは大きな温度差が生じてしまいます。そして、住居内の温度差が大きいと、人は不快感を感じ、また健康を損なうとも言われています。

高断熱高気密が快適な室温をつくる
浴室イメージ

家の中の温度差を少なくが快適と健康の秘訣

住居内の温度差が健康に与える影響の一例として、「ヒートショック」があげられます。冬にお風呂に入ろうと服を脱いだ途端、「ゾクッ」と鳥肌が立った経験があると思います。脱衣所の寒さから体温を守ろうとする体の反応で、これと同時に血圧の急激な上昇や下降が引き起こされます。これが「ヒートショック」です。冬の入浴中に起こる突然死の大きな要因となっており、実際に毎年17,000名以上の方が命を落とされています。
ヒートショックは、住宅内の温度差8℃以上あると危険性が高まると言われています。そのため、楠亀の標準仕様では、暖房された部屋とされていない部屋との温度差が4℃以内となるようにしています。「ヒートショックを起こさない家」それが楠亀の家づくりです。

断熱水準と暖房室・非暖房室の温度差の関係

楠亀工務店では、高断熱高気密性能の効果を知っていただくために、完成した邸宅をご覧いただいたり、
既にご入居されたOB様から住まい心地についての感想をお聞きいただけるイベントを定期的に開催しております。
「家づくりにおいて本当に大切なことは?」がいっぱいつまったイベントです。ぜひご参加ください。