楠亀工務店

お問い合わせフリーダイヤル0120-45-3185

性能のリフォーム

冬のイメージ

温熱環境をリフォームする

「冬の底冷え、夏の暑さは古い家だから当然」そうお考えではないでしょうか?かつての日本の住宅づくりは雨露をしのぐものが目的であり、外気温の影響を断ち切る「断熱」という概念がなかったため、屋外と室内の温度があまり変わらないことがあたりまえだったのです。
しかし、冬に寒く、夏に暑い住まいは辛く不快なだけでなく、循環器や呼吸器などの疾病に影響を与えることが近年の研究でわかってきました。
特に、冬の浴室などで倒れるなどの事故は、室内の大きな温度差が原因といわれています。

グラフ:温度度と疾病の関係
温熱環境改善イメージ

断熱リフォームでここまで変わる

グラフは、リフォームと同時に断熱改修を行ったお宅の、厳冬期の「外気温」と「断熱性能の改善前/改善後」を示したものです。断熱によって昼間に温まった室温が、夜間になっても下がらないことがおわかりになると思います。また、保温能力が高まるため、断続的な暖房機器で室温が保たれます。
これが温熱環境の改善の効果です。

断熱改善の室温変化イメージ
災害イメージ

地震などの災害に備えたリフォーム

古い日本家屋には耐震性能が不十分なものもあります。楠亀工務店は、耐震診断により耐震補強が必要とされた住宅に対し、滋賀県木造住宅耐震・バリアフリー改修等事業費補助金(県内26市町で事業実施中)などを利用した耐震リフォームをご提案しています。
詳しくは当社にご相談ください。

補助金一覧