楠亀工務店

スタッフブログ

かめ子ブログ ブレイクタイム わんこまつり

2019.6.30  |  

みなさんこんにちは、くすのきかめ子です。

楠亀工務店のスタッフの中には、犬を飼っている人が多数います。猫を飼っている人も少数います。
私は犬派で犬を飼っており、犬びいきです。そんなわけで・・・

本日はちょっと一息ブレイクタイム、犬好きの 犬好きによる 犬好きのための、わんこ特集です!

さて、最初のわんこは・・・ 私のうちにいる くろすけ 君です。

こちらの湖南市にある動物保護管理センターからやってきました。
滋賀県動物保護管理協会 譲渡候補の犬猫

4才くらいまでどこかのおうちで飼われていましたが、「懐かない」「攻撃的」という理由で放棄されてしまいました。
湖南のお山の施設で数ヶ月、しょんぼりと過ごしていたことでしょう。
うちにきて早4年。
「懐かない」の正反対で、番犬をしているだけで攻撃的でもなく、おりこうさんでおばかさんの食いしん坊です。
体重29キロのややぽちゃで、気合を入れないとだっこできません。

どんな犬でも飼えば結局、うちの子が一番かわいいと思うはずなので、施設の子やお店で売れ残ってる子に目を向けてほしいなと思います。
かわいいと思えない人が多いのでしょうが・・・


 

お次のわんこは・・・ 磯部さんちの もちゃ 君です。

ミニチュアシュナウザーという犬種で、ややモップ感があり、もふもふ、もじゃもじゃ、もちゃもちゃ、しています。
時々、お散歩の途中で楠亀工務店にもご出勤してくれるので、私は仕事をサボって・・・ではなく息抜きに、もちゃをわさわさなでております。
モップ感を活かし、甘え上手おねだり上手で、犬好きごころをくすぐるわんこです。


 
最後のわんこは・・・ 北川さんちの にっか ちゃんです。

パグという犬種で、ぺちゃっとした平たい顔をしています。何かを訴える、こぼれ落ちそうな目で見つめてくれます。
鼻呼吸がしづらいので、口呼吸でハァハァするのがノーマルな状態です。ごはんのときだけ、頑張って鼻呼吸をしています。
おとぼけ顔がなんとも言えない脱力系の不思議わんこです。


にっかちゃんは最近、5匹の赤ちゃんパグのお母さんになりました。
赤ちゃんたちもくちゃくちゃの顔をしています。ただいま子育てに奮闘中です。



7月7日(日) 北川さんちの見学会を開催します。

【スタッフの家見学会】豊郷3年経過,2階間仕切り完成床下エアコン,ダブル断熱をご体感

2階を間仕切り無しの一つの空間にしていましたが、今回間仕切り工事を行いました。
新築をご検討の方も、間取りの変更をご検討の方も、ご参考にしていただけます。
今ならにっかちゃんに怒られないよう、そっと赤ちゃんを見ることもできます。
わんこに目がない方もぜひ見学会にお越しください。
犬アレルギーの方は遠慮したほうがよさそうですが・・・。
ご来場をお待ちしております!

かめ子ブログ ブレイクタイム コトナリエ2018

2018.8.15  |  

みなさんこんにちは、くすのきかめ子です。

みなさま、思い思いのお盆をお過ごしのことと思います。
楠亀工務店の所在地である、東近江市湖東地区のお盆といえば・・・そう、「コトナリエ」です。「コトナリエ」は、湖東とルミナリエをくっつけたイルミネーションの祭典です。

本日はちょっと一息ブレイクタイム、「コトナリエ2018」の様子をお届けします。


これは、モデルハウスに貼っている「コトナリエ」のポスターです。今年で15周年のようです。よく見ると、大工の古川さんと社長の写真が含まれています。
社長は以前、「コトナリエ」の実行委員長だったこともあり、今も運営に関わっておられます。古川さんはイルミネーションの担当をされていると聞いています。楠亀工務店と関わりのある会社の方々もスタッフとして活動されています。
朝晩ひばり公園の前を通ると、準備に励むスタッフの姿、台風の後の復旧作業をしている姿を見かけました。企画、準備、開催、後片付けまで、みなさんが思っている以上に、相当な日数と労力がかかっています。
いつもはただ「きれいだなー」と思って眺めていましたが、今回は、この日のために頑張ってきた人を思い浮かべながら眺めてきました。

8月4日、「コトナリエ」初日には花火が上がります。夜8:30から12分間、間近で眺める大迫力の花火です。そのため、初日はいつも大変な混雑となるので、今まで花火を見に行ったことはありませんでしたが、今回はモデルハウスの窓から初めて花火を鑑賞しました。ひばり公園の中で観ると、もっと感動的でしょう。12分という時間もまた「いとおかし」(=とても趣きがある)のように思います。

「コトナリエ2018」の前に、私と「コトナリエ」の歴史をふりかえってみました。


「コトナリエ2005」
地球のような青い球体が浮かんでいて神秘的です。このキリンとトトロがお気に入りです。


「コトナリエ2006」
水路にイルミネーションを敷き詰めて、光が水面に反射している感じが素敵です。


「コトナリエ2007」
ガラケーのカメラで撮影した感が出ています。そんな時代ですね。


「コトナリエ2008」
青い球体が緑に変わりました。プーさんにまた出会えました。


「コトナリエ2011」
球体から折り鶴に変わりました。壮大なイルミネーションも素敵ですが、線でできたイラスト風のイルミネーションの素朴さが、私は好きです。


「コトナリエ2014」
メインゲートとそこから続く小道には、毎年いろいろな演出をされています。


「コトナリエ2017」
シンデレラのかぼちゃの馬車風のモニュメントが登場しました。この日は大雨でした。

 

コトナリエの歴史をちゃちゃっとふりかえったところで、それでは昨夜の「コトナリエ2018」の模様をお届けします。

メインゲートとアーケード。ここでわくわく感が高まります。

この馬車に乗って写真を撮るための列ができていました。人気ですね。

この藤棚風のイルミネーションは新作でしょうか。こういうの好きです。

折り鶴も健在です。

このナイターのライトから、滝のように流れるイルミネーションが今回の目玉でしょうか。落差がすごいですね。

この水面のモニュメントも毎年趣向をこらしたものとなっています。

毎晩、ライブも開催されています。知りませんでした。

ライブ会場の影絵で子どもたちが遊んでいました。

ここは♡ゾーンのようです。しかし、♡に近寄ることはできません。遠くから眺めるだけにしましょう。

コトナリエ10年目の節目の時に、「10年の区切りでコトナリエは終了し、別の企画をしようか」という話が持ち上がったようです。スタッフへの負担も大きくなっていたことでしょう。それでも継続して15年という節目を迎えています。コトナリエが多くの人の心に浸透している今、コトナリエが終わることになれば残念に思う人がたくさんおられるでしょう。

今年の噴水ゾーンはツリーのようです。

私の好きなイラスト風イルミネーションも健在です。

頑張り過ぎではないかというくらいのイルミネーションでした。私はもう十分満足です。

協賛事業所一覧には、二番目に大きな字で「楠亀工務店」の名が連なっています。
(左下から5番目のところです)

さて、一通り見終えたところでふと隣に目をやると、スタッフTシャツを着た、少したれ目の人と目が合いました。「あれ、この顔はもしかして・・・」と思ったら社長でしたね。もしかしたら過去のコトナリエでも、「楠亀工務店」と関わりのある人たちとすれ違っていたのかもしれません。今年は、そんな「縁」を感じるコトナリエでした。

かめ子ブログ ブレイクタイム つばめのひな

2018.7.9  |  

みなさんこんにちは、くすのきかめ子です。

勉強も仕事も、根をつめすぎるとかえって効率が悪くなるということがあります。
はたちそこそこの若かりし頃は、友人や先輩と一緒に徹夜をすると、妙にハイテンションになって盛り上がってしまったり・・・次の日は頭がフラフラで使い物にならなかったり・・・
そんな無茶をすることも青春の1ページではありますが、結局ちゃんと寝て休んだほうが効率が良いという教訓を得た方はそれなりにいらっしゃるのではないでしょうか。

適度な休憩も仕事のうちということで、このブログもちょこちょこ休憩をはさんでいきたいと思います。

さっそく本日は、ちょっと一息ブレイクタイム。

モデルハウスのつばめたちは、カラスに襲われたのか落ちてしまった巣もある中、つばめのひなが「ヂィヂィヂィヂィ」とエサを欲しがる声の聞こえる巣もあります。
やかましいくらいの鳴き声なのに、なぜか気づかずにいました。心の余裕がなかったのか・・・。ただぼんやりしていたのか・・・。そんな日々のうつろいを感じないようでは、私もまだまだですね。

社長に教えてもらって初めて、ひなが鳴いていることに気づきましたので、その様子をみなさんにもお届けします。毎日忙しい日々を送られている方は多いでしょうが、ふっと一息ついて周りを見渡す心の余裕はなくさずに過ごしたいと思います。