楠亀工務店

お問い合わせフリーダイヤル0120-45-3185

白いリビングの家[彦根市・T邸]

リビング

「印象深いのは家づくりに参加したこと」とおっしゃるTさま。壁も天井もスタッフと一緒に珪藻土を塗り、床や梁の無垢材もすべて塗装。まさに「一緒に作った」作品は、家中の至るところに思い出が詰まっているとおっしゃります。
住まわれてのご感想は、「大きな吹き抜けと大きな窓があるので、一日中明るく過ごせます」とのこと。無垢の床は昔からの希望だったそうですが、やはり足触りが良く「心地よさは格別」。
間取り、素材、デザイン、すべてに満足されているというTさま邸のご紹介です。
所在地
彦根市
敷地面積
408.00 m²
延床面積
133.59 m²
構 造
木造2階建(SE構法)
外観
白黒のツートンカラーが端正な外観。中央の白い部分が吹き抜けのある位置にあたる。
リビング
白を基調としたリビング。無垢材の心地よさと伸びやかな空間が両立されているのはSE構法ならでは。
キッチン
人工大理石の白いキッチンがこの家の中心。和室からリビング、玄関までが見渡せる。
洗面スペース
洗面台横の壁にはめ込んだタイルは、Tさまがスペインで購入した陶器のコースターを使った。
パソコンスペース
階段下はパソコンスペースと収納に。キッチンの真横にあり、レシピを調べるときにも重宝。
2階スペース
2階も広々。大きくなったとき3人分の個室になるよう、窓が3つ設置されている。