楠亀工務店

お問い合わせフリーダイヤル0120-45-3185

温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家[大津市・K邸]

温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 リビング

勤務先に近い湖西エリアを中心に、土地探しからスタートされたK様。「家を建てるなら地震に強い家で」と、調べていく中で知ったSE構法。そして、そのSE構法を施工できる工務店の中から、楠亀工務店を選んでいただきました。完成見学会やOB見学会にも何度も参加され、ご覧になられたデザインや細かな工夫をご自身の家にも反映されたそうです。

また、家のイニシャルコストとランニングコスト、特に光熱費について綿密な計算をされ、高気密高断熱にすることで、その後の光熱費が安く抑えられるとの結論から「ダブル断熱」「基礎断熱」仕様を採用されました。さらに、エアコン1台で家全体が暖かくなる「床下エアコン」も、楠亀の設計スタッフと検討を重ねながら導入いただいたお宅です。

所在地
大津市
敷地面積
284.05 m²
延床面積
112.27 m²
構 造
木造2階建(SE構法)
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 外観
北側の玄関側から。黒と白の外壁のコントラストに木格子がナチュラルさをプラスします。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 南側外観
南面から。芝生の庭と広大なウッドデッキは、さまざまな使い方ができそうですね。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 玄関
玄関ホールもゆったりと。ご主人が希望していた木の質感をふんだんに味わえるスペースです。基礎全体を温める床下エアコンのおかげで、ここもほんわかと暖かです。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 リビング
LDKに入ると、南面の大きな開口部から明るい陽射しが降り注ぎます。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 デッキ
冬は南面からたっぷりと陽射しを採り込み、夏はひさしをつけることで、日射をカットする、パッシブデザインの考えです。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 造作家具
レッドシダー材を貼った天井が印象的なリビングルームです。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 リビング
ウッドデッキはリビングの延長としても使えますね。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 ダイニングキッチン
奥様が希望された、風と光を感じられるキッチン。そして、キッチンの天板とフラットにつながるダイニングテーブル。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 キッチン
天板をフラットにつなげるために、キッチン側の床面を一段落としています。また、この部分をタイル貼りにすることでお掃除が楽になりました。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 キッチン
LDKをL型にすることで、キッチン部分とリビングとはゆるやかに区切られます。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 床下エアコン
木の質感が豊かなリビング。TVボードやマガジンラックも楠亀による造作家具です。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 床下エアコン
マガジンラックの下に隠された「床下エアコン」。ここから建物の基礎に向けて温風を吹き出します。
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 吹き抜け
温められた空気は吹き抜けを通じて2階へ
温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 2階
1階で温められた空気が上がってくるので、2階に暖房機器はありません。なお、夏に向けては2階にエアコンを設置して冷気を下に落とす予定。その場合、1階のエアコンはOFFになります。夏もまた、エアコン1台で全館を快適にできるのです。

温熱環境と省エネを考え抜いた快適仕様の家 K様

【お客様からのお言葉】

私(ご主人)は「家を建てるなら地震に強い家で」、また「木を使った自然を感じる家」という希望から、
SE構法の施工登録店、中でも「重量木骨の家プレミアムパートナー」である楠亀さんへの依頼を早い段階で考えていました。
対して妻は、もう少しナチュラルなテイストの家づくりも考えていたようです。

でも、4度目の面談だったでしょうか、楠亀社長から「必ず納得のいく家にします」と言われて楠亀さんへの依頼を決断しました。
今となっては、その言葉を信じて、ほんとうに良かったと思っています。
設計を進めていくなかで、温熱環境づくりの大切さの視点から「ダブル断熱」「基礎断熱」、
そして「床下エアコン」といった仕様を積極的に提案いただいたのはうれしかったですね。
私がインターネットで床下エアコンを知った時期と、
楠亀さんが講習会で同じく床下エアコンの勉強をされた時期とが同じタイミングだったもの、幸いしました。
とにかく、高断熱高気密と床下エアコンの組み合わせは最高ですね。14畳用のエアコン1台で、
一日中快適な室温で暮らせるというのは本当に驚きです。
さらにオール電化でかつ暖房をつけっぱなしにする冬でも電気代が15,000円弱(太陽光発電の売電価格は含まず)ということも。

デザインや使いやすさも含めてさまざまな提案をいただいたおかげで、最高に快適な家ができたことに感謝しています。