楠亀工務店

お問い合わせフリーダイヤル0120-45-3185

スタッフブログ

かめ子ブログ スタッフ紹介④ 深井さん

みなさんこんにちは、くすのき かめ子 です。

本日のスタッフ紹介は、深井さんです。

深井さんは営業から設計までの仕事をされています。特に営業については経験豊富のベテランです。ここでは、営業と設計の境があいまいなので、どちらも兼ねることが多々あります。

私は実は「営業マン」と呼ばれる人が苦手です。目の笑っていない営業スマイルを見ると、ゾッとします。言葉巧みに延々と話し出されると、時間泥棒されている気分で不愉快です。
以前、住宅営業マンで、あまり知識がないのに口先だけでお客さんにゴマすって、入金が終われば愛想がなくなり、クレームには逆切れするような人に会いました。しかし会社ではトップの営業成績で優秀とされている人なのです。そんな悪い営業マンに出会うと住宅業界全体の印象も悪くなってしまいます。

ところが、営業にもピンからキリまであるのですね。深井さんに出会って、認識を改めました。深井さんは物腰も柔らかで、知識も豊富で、丁寧な対応をされます。素朴で優しい声をされていて、まさにお客さんに「寄り添う」ということを体現されているかのようです。「お客さんへの対応や、営業のことは深井さんを見習うといいよ」と教わりました。

深井さんは仕事のことや会社のことを、はにかみ笑顔で丁寧に教えてくれます。焦っていても、それを表に出さず、いつも余裕を感じさせてくれます。普段の声は控えめなのですが、朝礼の声はわりとびっくりするくらい大きくて、なかなかの声量を隠し持っています。思慮深さと、ちょっと世渡り上手な面も見え隠れします。そんな大人の余裕を感じさせてくれる先輩です。

深井さんはスタッフの中では一番遠くから通勤されているので、毎日大変です。私は車で8分の距離なので、なんだか申し訳ないですが、疲れをためずに無理せずに安全運転で出勤していただきたいと思います。

かめ子ブログ スタッフ紹介③ 田辺さん

みなさんこんにちは、くすのき かめ子 です。

本日のスタッフ紹介は、田辺さんです。

田辺さんは、設計の仕事をかれこれ15年ほどされている大先輩です。ちなみに私は設計として雇われていますので、田辺さんの指示をあおいで仕事をすることが多いです。しかし、上司という感覚はあまりありません。ここは、縦社会というよりも横社会のようで、対等に協力し合う雰囲気があります。田辺さんも、先輩風を吹かすようなところは全く無く、ただ丁寧に仕事や会社のことを教えてくれます。

以前、田辺さんが設計した家を何軒か案内してもらいました。今までたくさんの家を設計して、その一軒一軒に思い入れがあり、苦労したことや、喜んでもらえた記憶を思い起こされているようでした。

設計の仕事は奥が深く、ベストなものを追求するのに、時間がいくらあっても足りないようなところがあります。お施主さんとの打ち合わせや現場への対応、その他もろもろの多くのことを限られた時間の中で解決する毎日です。常に全力疾走では身が持ちません。そこで田辺さんは時々、目を閉じて瞑想しているような…脱力感をかもしだしているような…そんな感じに見えることがあります。きっと、息の抜きどころを心得ているのでしょう。私も見習いたいと思います。

田辺さんは、スタッフの中で一番背が高いです。朝礼のあとに掃除をするのですが、モデルハウスの窓は天井近くまでの高さがあるので、私では上まで手が届きません。田辺さんはちょっとジャンプすれば手が届くので、いつも窓拭きをしてくれています。適材適所といえるでしょう。

体は大きいですが、普段は物静かな雰囲気で、話し方も低いトーンで淡々と静かに語りかけるようです。ありのままで気取らず飾らず無理せず、いつも自然体に見えます。
良いのか悪いのか、声のトーンが変わらないので、怒っているのか、焦っているのか、うれしいのか、「無」なのか、分かりにくいところがあります。きっとそのうち察知できるようになるでしょう。

そんな田辺さんですが、設計に対する熱い想いを内に秘めておられます。ちゃめっけもあります。きっとお客様にもそれを感じていただけることでしょう。お客様に満足して喜んでもらえる家、そのためにいつもベストを尽くされている、そんな先輩の背中を頑張って追いかけていきたいと思います。

東近江市
T様邸上棟 タイムラプス

6月14日 好天の中、T様邸の棟上げが行われました。

お客様が記念にと、ご持参のカメラとアプリをお使いになり、このような動画をお作りになりました。

 

 

この日は朝8時頃に始まり、夕方5時半頃に終了しましたが、1日掛かりの作業がアプリによって約21秒に変換されています。

夢のご新居が徐々に組み上がっていく姿がこのように見られるというのも、また違った楽しさがありますね。

ちなみに、19秒~20秒目にかけて写っているのは、ご家族皆様、担当営業設計、担当現場監督、担当大工で屋根の上からカメラに向かって手を振っているシーンです(笑)
(大変分かりにくく恐縮ですが、、お客様から遊び心のあるご提案をいただき、行いました)

ご家族皆様のご新居に対する想いにお応えできるよう、ここからの作業に全力で取り組んで参ります。

東近江市
T様邸 上棟作業行いました

6月14日 本日、東近江市にてT様の上棟を行いました。

天候にも恵まれ、無事屋根を塞ぎ、外周の間柱入れ作業まで進めることができました。

明日より大工工事が本格的にスタートします。

最後の挨拶でT様より「完成を楽しみにしています」とおっしゃっていました。

ご期待に添えれる様、精一杯取り組んでまいります。

 

かめ子ブログ スタッフ紹介② 宮部さん

みなさんこんにちは、くすのき かめ子 です。

本日のスタッフ紹介は、宮部さんです。

宮部さんは、昔は大工をされていたようですが、今は現場管理に加えアフターメンテナンスもされています。多くの案件を把握して、あちこち回って、いろんなことに気を配りながら適切に対応されている毎日で、私はもう、会議でその報告を聞いているだけで目が回りそうになります。

みんなからは下の名前で「こうじ」さんと呼ばれています。それがなぜなのかは、別のスタッフ紹介のときにお伝えしたいと思います。

私生活では田んぼの世話もされていて、田植えの時期になると、休みの日は田んぼにかかりきりのようです。私も米農家の子なので、大変さはよく分かります。子供の頃は苗作りをしたり、田植機で植えられない部分は泥の中に入って補植したり。けれど私は田んぼのある風景が好きです。特に田植えをする前の、水を張った田んぼが広がった光景はまるで大きな湖の中にいるようで、そこに空や景色が映りこんでいるさまに、つい見入ってしまいます。・・・おっと、田んぼの話になってしまいましたね。宮部さんの紹介に戻りましょう。

宮部さんはスタッフの中で一番顔が小さいです。みんなの顔が大きく見えるのは、宮部さんの顔が小さいからともいえます。隣に並ばないほうがよいかもしれません。
さっぱりした髪型をされていますが、私が入社したときはサラサラヘアでした。ある日、朝礼ではサラサラだったのに、お昼に会ったら坊主になっていて「おおっ!」とさせられました。今では坊主頭のほうがしっくりくるぐらいお似合いで、これからの暑い季節にはぴったりです。

話す口調は大変穏やかで、ふとしたことも察知して、さりげない優しさのできる人のように感じます。夜も更けてくると、「根詰めんようにな。はよかえりや。家の人心配せえへんか。」と声をかけてくれます。その度に、私の中では好感度がアップしているような気がします。そんな、ちょっとオカン的なやさしさのある先輩です。

かめ子ブログ スタッフ紹介① 村山さん

みなさんこんにちは、くすのき かめ子 です。

さて、お次はスタッフの紹介をしていきます。といっても、まだ1カ月程度の付き合いなので、何が分かんねんという話ですが、独断と偏見で好き放題書いていきたいと思います。

本日紹介する最初のスタッフは、村山さんです。

村山さんは現場管理をされています。一見、力自慢の大男のように見えるかもしれませんが、実は繊細な作業も器用にこなす頭脳派な面をあわせ持っています。
現場のスムーズな進行のために、このようにMacだって使いこなし、「パイプ役」の役割をしっかり果たされています。

笑うと目がさらに細くなる素敵な笑顔で、笑いをまじえつつも、相手を思いやり、気配りができ、自然と信頼を得る器用な人物です。お客さんのふところにもすっと入り込んで、すぐに仲良くなってしまいます。

新米の私にも、ちょいちょい声をかけてくれて、「最初は何も分からんのやから、分かりませんって言ったらええんやで」と、気を楽にさせてくれます。周りの人のことをよく見ているなぁ、と感心させられます。

社長からの信頼も厚く、できる人オーラをかもしだしてしまうため、無茶ぶりされてしまうこともしばしばです。その無茶ぶりもなんだかんだでやってのけるので、さらに無茶ぶりされるという循環にはまっています。

そんな先輩ではありますが、実は中学校の同級生でして、「村山君」と呼んでいます。そもそも私に「楠亀工務店」を知るきっかけを作ってくれたのが村山君なのです。
中学生のときは、男子と話をすること自体があまりなかったのですが、今になってようやく、素晴らしい同級生がいたことに気づいた次第です。

学生の頃はアメフトで活躍していたということですが、体格を見れば納得という感じであります。また、スタッフの中では一番お酒が強いという噂です。そんな心強い先輩です。

守山市
K様邸 新築工事着工しました

6月6日 本日より守山市にてK様邸の新築工事着工しました。

本日の作業は地盤改良工事を行いました。

今回の改良工法は、「アルファフォースパイル工法」です。

アルファフォースパイル工法は、鋼管を杭として(国規定の資材、設計法)を施工機で直接強硬な支持層まで回転圧入させ、建物を支持する工法です。

悪天候の中での作業でしたが、無事施工完了しました。

8日(金)より基礎工事を行います。

かめ子ブログ 施主様専用ページ

みなさんこんにちは、くすのき かめ子 です。

「楠亀工務店」を信頼して、家を建てることを決められたお客様。
営業・設計担当と打合せを重ね、時には理想と予算のあいだで悩み、時には夫婦げんかをし・・・選択の連続に疲れ果てながらも、ようやくイメージが固まり、いよいよ着工の日が近づいてきました。

そんな頃合いに、「施主様専用ページ」というものが「楠亀工務店」のホームページに開設されます。これは、工事期間中の進捗状況などのご報告をさせていただく、お施主様だけが閲覧できるページです。

お客様の時間の許す限り、現場を見にきてもらい、大工さんや職人さんからも説明などを受けていただき、イメージが形になっていく過程を自分の目で見て、納得し実感していただくことは大歓迎です。またそれが、お客様の家づくりの思い出のひとつとなることを願っております。

しかしながら、毎日現場を見に行けるお客様は多くないでしょう。
そこでこの専用ページにて工事の様子をまめにアップし、家ができあがっていく過程を楽しんでいただき、安心していただきたいと考えております。

さてその「施主様専用ページ」ですが、お施主様だけのページなので、どんなページなのか見ることができません。そこでサンプルページを作成してみました。さっそくみてみましょう。

ホームページのトップ画面に「▷施主様専用ページ」のボタンがございます。ポチッと押してみましょう。

「施主様専用ページ」のログイン画面が開きます。現在進行中のお施主様ページのログインボタンが並んでおりますが、一番上の「KT HOUSE」が誰でも閲覧できるサンプルページになっていますので、「▷ログイン」ボタンをポチッと押してみましょう。

楠亀太郎さんの専用ページが現れました。投稿順に並んでいるので、一番下からだんだん上へスクロールしながらご覧ください。
(画像をクリックでも開きます)

なんとなくイメージできましたでしょうか。サンプルなので非常に簡略化しておりますが、本物はこの10倍ぐらいのボリュームの内容で、もちろん写真はピンぼけではございません。このレポートをご覧いただくことで、家づくりを楽しんでいただけると幸いです。

守山市
K様邸 地鎮祭執り行いました

6月3日 本日、守山市にてK様邸の地鎮祭を執り行いました。

天候にも恵まれ、良い地鎮祭になりました。

工事は、6月6日より地盤改良工事からスタートしていきます。

7月6日の上棟に向け作業進めてまいります。

K様、本日はおめでとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

 

かめ子ブログ チャットワーク

みなさんこんにちは、くすのき かめ子 です。

本日は、前回ちらっと触れました「チャットワーク」のご紹介です。

↓ こちらはチャットワークのホームページです。(画像をクリックで開きます)

チャットワークとは何なのか・・・。ホームページの導入事例にチャットワークの画面がありますので、それを見てみましょう。(画像をクリックで開きます)

ページ中ほどにチャットワークの画面が掲載されています。
左側にチャット相手やチャットグループの一覧、真ん中にチャットの履歴が表示されています。ここに、お客様とスタッフの間での「会話」を書き込んでいきます。

メールやLINEや電話より便利な点は色々あります。

まず、メールを送る際に必要な宛先入力、件名入力、「○○様 お世話になります」等の定型文が不要です。添付ファイルの容量も気にする必要がありません。投稿した後に誤字脱字に気づいたら、「編集」「削除」が可能です。既読機能が無いので、すぐ返信しないと!というプレッシャーがありません。電話のように相手の状況を気にする必要がありません。会話として残っていくので、口頭での伝達ミスや情報の把握漏れが減ります。グループチャットにより、複数の人間が情報を共有できます。結果、コミュニケーションの速度も量も増えて、業務が効率化され、意思決定もスムーズに運びます。

会社にとってはいいかもしれないけど、自分にとってのメリットは?と、ピンとこないお客様もおられるでしょう。

実際にチャットワークを始めていただきますと、最初は営業や設計の担当とやりとりされることが多いかと思います。家づくりを進めていくと、たくさんの選択に迫られます。疑問や要望、不安など様々な思いが湧いてくるでしょう。お客様の中には、「ちょっと言いにくいな」と遠慮される事柄もあるかもしれませんが、チャットワークで気軽に言っていただけると、心残りのない家づくりができます。お気に入りの家具、照明、建材や思い描くイメージの写真などを送っていただきますと、お客様の思いが伝わりやすいですし、こちらからもパースや3Dデータをお送りし、ご確認いただくといったやりとりをしていきます。

また、日中はお仕事や家事や育児に忙しく、夜中に家族で話し合われるお客様もおられることでしょう。そのときに、「遅い時間に連絡するのは迷惑かなぁ」と気遣ってくださる方もおられますが、そんなときこそチャットワークをご利用ください。時間を気にせず、いつでも、どんなことでも気軽に伝えるツールとして、ご利用いただきたいと思っております。

着工が近づきますと、現場管理の担当とのやりとりも加わってきます。現場の人間でも、お客様と営業・設計のやり取りを確認していますので、どんな経緯で今に至るのかを知った上で工事を進めていきます。工事が進むにつれて、気になることや見えてくることもあるでしょう。その際も、気軽にチャットワークを利用していただきますと、設計・営業・現場の人間が連携して対応していきます。竣工後でも、不具合を感じるところや、外構工事のことなど、引き続きやりとりをしていきます。

大工さんも同じように、これらのやりとりを確認していますので、顔もよく知らないお客様の家を建てているのではなく、お客様がどんな方なのかを知り、そのお客様のために建てているのだという意識を持つことにもつながり、やりがいも生まれ、感動も共有されます。

そんなこんなで、「楠亀工務店」ではチャットワークを利用して家づくりを進めておりますので、お客様にもご理解ご賛同いただけると幸いです。

2 / 2812345...1020...最後 »