楠亀工務店

お知らせ

【完成見学会】in彦根7/7-8 ブルックリンスタイルで魅せる家イベントが終了しました

2018.7.9  |  イベントレポート

彦根にてブリックタイルが印象的なお家の見学会を開催しました。
NYブルックリン地方が発祥となる「ブルックリンスタイル」は、
アーティストが多く住んだことにより生まれたデザインで、
ヴィンテージ感の強い素材が使われていることが特徴です。

レンガのようなブリックタイルの外観は、
ガルバリウム鋼板や窓の黒で落ち着きが出ています。
「この周辺の建物とは違うけれど、特に浮いた感じはしないですね。」
とのご感想をいただきました。

リビング内にも同じタイルを使い、
屋外用照明などを使うことで外の雰囲気に仕上がった内観にも、
「やはりタイルはインパクトがあり、いいですね。」と。
黒いアイアンや、レッドシダーの無垢の木とも相性が良く
心地のいい内装に仕上がりました。

2日目の日曜には天候も回復し「エアコン1台で涼しい」状況を
ご体感いただくことができました。
また冬に使用するものではありますが、
洗面化粧台の下に設置した「床下エアコン」をご覧いただき、
「冬でもエアコン1台で暖かく過ごせる家」の秘密も
ご確認いただくことができました。

貴重なお休みの日にご来場いただきましたみなさま、
ご入居前にお家をお貸しいただきましたお施主様、
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

次回は東近江能登川にて、OB様宅見学会を開催いたします。
またこちらにもご来場いただけますことお待ちしています。

(以降は見学開催前のご案内です)
ヴィンテージ風のタイルが印象的な外観と、
同じタイルで外観の雰囲気を漂わせるリビングは、
ご夫婦がこだわって仕上げた「ブルックリンスタイル」の家。

「ブルックリンスタイル」とは
NYのブルックリン地区を発祥とするスタイルで、
ヴィンテージ感の強い素材をインテリアに取り込んだデザインが特徴です。

屋根はあえて軒を出ずに仕上げてスタイルを強調しつつ、
大きな窓のある南面にはしっかりと軒を設けて日差しを遮るなど、
快適さにも工夫を凝らしました。

リビングのタイル仕上げの壁には外観と同じタイルを使い、
屋外用の照明器具などを取り付け、
インテリアにも屋外要素をふんだんに取り入れるなど、
徹底されたデザインも見所です。

内部ではご夫婦それぞれの趣味部屋にも特徴があり、
観葉植物のための部屋、読書のための部屋、
猫との生活を考えて取り入れたデザインや、
「かまくら」のように「篭る」和室など、
ご覧いただけますと幸いです。

暑い季節に「エアコン1台で快適に過ごせる家」の、
光熱費を抑える事ができる秘密をご覧ください。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。