楠亀工務店

カテゴリー: イベントレポート

【OB様宅見学会】栗東スキップフロアで5層床の家イベント終了のご報告

2018.12.10  |  イベントレポート

急な寒さを感じる週末に、栗東市にて「スキップフロア」が
印象的なOB様宅の見学会を開催いたしました。

外観はブルーのガルバリウムに無垢の板を合わせ、
軒天にレッドシダーを合わせた片流れのデザインです。
無垢の板張りも、建築当初に比べると塗装も馴染んでいい雰囲気が出てきました。
外観をご覧いただいているだけでは、内部で5層も床が分かれている
スキップフロアのお家には見えません。

1階のリビングに入ると、、、
右手に「スキップフロア」の間取りが広がります。
1層目の床はリビングに隣接し、少し床を下げた4.5帖の空間です。
当初は天井高の低い「物置き」として計画されましたが、
ご入居後にお子様がリビングの延長の遊び場としても出入りされています。
何だか、秘密基地の様ですね。

2層目は通常の1階となる居住空間です。
リビング、ダイニング、キッチンと、浴室洗面室がレイアウトされています。

3層目は、1層目の上部に造られた家族の趣味部屋です。
リビングから5段の階段を登ると4.5帖の空間があります。
2階への通路を兼ねていて、吹抜けとなっていることから、
1階にも2階にも繋がり、家中の中心となる空間です。
PCスペースに本棚と、ゆとりのスペースとなっています。

4層目は、お子様の部屋、寝室がある通常の2階フロアーです。
建築当初は仕切らずに広いまま、お子様の遊び場として使われています。
ベランダに出入りもできます。

5層目は、お子様の部屋の上に造られたロフト空間です。
ハシゴで昇り降りをする第二の秘密基地です。
窓こそありませんが、木格子から光が届き、お子様には楽しそうです。

こちらは「ダブル断熱」で冬でも1階のエアコン1台で快適に過ごされています。
見学会の日はスポット的に寒さが厳しい1日でしたが、
ご来場の方が多く、玄関ドアの開閉が頻繁だったにも関わらず、
1台のエアコンでの暖かさをご体感いただくことができました。

お家のご主人が「面白い家がいい」とご希望されていた通り、
ご来場者様にも楽しんでいただけた見学会でした。

ご来場いただいた皆さま、
お家をお貸しいただきましたOBのK様、誠にありがとうございました。
次回は2019年1月13日(日)に東近江市(旧能登川)にて
構造断熱見学会を開催させていただきます。
一段と寒さが増していますが、断熱材をしっかりと施工し
効果をご体感いただける状態でお待ちしています。

(以降は見学開催前のご案内です)
建築事例の中でも人気のある「スキップフロア」のお宅にて
OB様宅見学会を開催いたします。

家づくりのご主人の理想は「面白い家」でした。
リビングより一段下がったスキップフロア下のスペース、
2階へアクセスする途中にある趣味の部屋、
子供部屋に造られたロフト空間、
そして通常の1階、2階空間を合わせると
5層のフロアーから構成された面白みのあるお家です。

建物はリビングから2階まで「吹抜け」を挟んで一続きの空間ですが、
外張り断熱と充填断熱を組み合わせた「ダブル断熱」は
室内の暖かい空気を逃さず、外の寒さをシャットアウトするので
暖房が効きやすい温熱環境であるため、
冬でも「エアコン1台」で快適にお住まいいただいています。

キッチンや洗面の収納など、ほぼ全ての家具を造作で設けることにより、
空間全体のトーンが整った落ち着きのある空間づくり、
またネイビーのガルバニウム鋼板とウッドのコンビネーションの外観など、
注文住宅ならではのこだわりがカタチとなりました。

「スキップフロア」の住まい心地をご参考にしていただけるお宅です。
是非この機会にご来場いただけますと幸いです。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

 

【OB様宅見学会】大津市大津の平屋建ての家イベント終了のご報告

2018.10.22  |  イベントレポート

朝晩の冷え込みがし始めたこの時期に
大津にて平屋建てのOB様宅見学会を開催いたしました。

ご夫婦とお母様が住まわれるお宅は
将来の暮らしやすさを考えられ、平屋のお家を建てられました。
元々築120年の母屋や蔵、土壁の塀がありましたが、
次の世代にまで維持するための負担は残せないと、
リフォームではなくこの機会に建て替えを決定されたのです。

平屋に似合う深い軒の外観は堂々とした佇まいで、
来客者にもゆとりのある玄関アプローチとなっています。
見学会でも立ち止ってゆっくりご覧いただくことができました。

リビングは平屋の屋根の形状に合わせ、勾配天井とし
広々とした空間にゆとりを感じることができます。
キッチン奥のパントリーや、寝室隣に備えられたクローゼットなど
収納の内部もご見学いただくことができました。

OB様宅見学会は実際の生活のご様子をご覧ただくことができ、
将来の住まいを思い描いていただけるメリットがあります。

ご来場いただきました皆さま、
お家をお貸しいただきましたOBのN様、誠にありがとうございました。

(以降は見学開催前のご案内です)
のどかな田園風景に囲まれた集落の一画にあるN様邸は
ご夫婦とお母様が住まわれる平屋建てです。

築120年を超える母屋と蔵や倉庫があり敷地は土壁の塀で囲まれていました。
当初はリフォーム専門の会社に依頼をされましたが、
間取りや設備の変更とともに、断熱改修や耐震補強を行うとなると
想像以上の金額になることがわかり、当社にもご相談をいただきました。

現地を調査し、母屋や老朽化した藏などの維持を考えてみた結果、
この負担を次の世代に引き継ぐのではなく、
この機会に撤去し建替えすることにされました。

建物は当社の施工事例としては珍しい平屋です。
ご夫婦のこれからの暮らしと、お母様の暮らしやすさを考慮した間取りとされました。

また、古い日本家屋のすきま風に悩まされてきたN様のご希望は「暖かく快適な家」でした。
高断熱・高気密「ダブル断熱」を採用した楠亀の家づくりには、
「冬の日中はエアコンがいらないほど」とたいへん喜んでいただいております。

これから数十年先の暮らしを見据えた間取りや設備、
そして日々の快適さをお考えになられているみなさまには、
ぜひご参考にしていただきたいお家です。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

【完成見学会】守山市10/20-21 角地のスクエアの家*イベントは終了しました

2018.10.22  |  イベントレポート

秋のいい天候の中完成見学会を開催いたしました。
南エリアでの開催は久しぶりということもあり
多くの方がご来場くださいました。

内装は無垢のパインフロアーを自然塗料のナチュラル色で仕上げ、
珪藻土の壁と天井が柔らかい印象です。
天井には一部、無垢のレッドシダー材を張っています。

大きな窓を2ヶ所に設けたリビングは、
将来ウッドデッキを取り付ける予定で、
庭との繋がりが楽しみとなるレイアウトです。
3種の色をミックスしたバーチカルブラインドが印象的ですね。

キッチンにはシステムキッチンが採用され、
ダイニングテーブルと一続きの使いやすいレイアウトが特徴的です。
対面側の収納やダイニングテーブルは、
お施主様のニーズに合わせて設計したもので、
大工にて造り付けたオリジナル家具です。
内装に合わせて統一した仕上げになると喜んでいただいています。

リビングの上部には吹抜けがあり
天井が高く開放感が気持ちのいい空間です。
夏には2階に設置したエアコン1台だけを稼働し、
冬には1階に設置したエアコン1台を稼働するだけで
快適に過ごしていただける「ダブル断熱」は、
外張り断熱と充填断熱を組合わせた高気密高断熱で、
少しの熱源で家中が快適温度に保たれるのが大きなメリットです。
快適温度を伝えるためにも「吹抜け」は大切な要素です。

2階は左手に寝室、右手は将来の子供部屋、
奥にはウォークインクローゼットの間取りで、
ホール内に夏に使用するエアコンを取付けています。

奥のウォークインクローゼットは寝室とホールから
出入りができるよう2ヶ所に引き戸を取付けています。
壁と天井に「桐板」を張り、防虫効果を高めています。

今回も多くのお客様にご来場いただき心より感謝申し上げます。
またお家を快くお貸しいただきましたK様、誠にありがとうございました。

次回は11/4(日)大津にてOB様宅見学会を開始いたします。
ご夫婦とお母様が建替えされた平屋建てのお家です。
是非こちらにもご来場をお待ちしています。

(以降は見学開催前のご案内です)
当初9/29土・30日に予定をしておりましたこちらの見学会は
台風21号の被害を受けたことにより一旦中止しておりましたが、
工事完成の目処が立ちましたので、開催のご案内をいたします。

久しぶりに南エリアでの見学会を開催させていただきます。
今回のお宅は、守山市のとある分譲地の角地に土地を購入され
ご建築された完成見学会です。

南向きで間口が広く、1日中ある良好な陽当たりが特徴です。
敷地の西側半分にスクエア形の建屋を配置し、
東側をゆったり広々とした庭に空けた土地計画とされました。

間取りでは東側にLDKを配置し、
庭側の面に大きな掃き出し窓を2カ所に設けました。
将来この面にはウッドデッキの設置を予定されていて、
この窓から庭と広く繋がることができます。
角地で東側にも道路と面していることから陰にならず
LDKは明るく気持ちのいい仕上がりです。

間取りでは延床30帖の中には、
階段を兼ねた吹抜けで広がりを感じたり、
玄関の土間収納や、水回りには収納を設けるなど
住みやすくデザインされた工夫がいっぱいです。

10月の見学会では「ダブル断熱」の性能を直接
ご体感いただくことは難しい季節ではありますが、
既にお住まいされているOB様の快適さや実際の光熱費をご覧いただき
「エアコン1台で年中快適に過ごせる『ダブル断熱』」の
メリットをご確認いただける見学会ですので、是非お越しください。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

【完成見学会】東近江-八日市9/8-9 生活動線を計算した家※イベントは終了しました

2018.8.28  |  イベントレポート

「生活動線を計算してつくった、オーダーメイドの家」
家に帰ってきてから寝るまでの動きを計算され
「どういう間取りにすれば、住んでいて一番動きやすいか」を
考え抜かれたT様。
「帰って来たらこの小物をあの収納にしまって、
その次は手を洗い、
買い物した食材は一旦ここへ置いてから冷蔵庫へ…」等、
新しいお家での生活導線を思い描きながら間取りを計画されました。

アイアン材やタイルをふんだんに使い
「ヴィンテージ風で格好いいが、どこか可愛くも見える」
というテイストにまとめられた内装では、
生活をスムーズで豊かにするために造り付けた家具も見どころです。

お盆明けから少し気温も落ち着いてきましたが、まだ暑さの残る季節です。
「吹抜けがありながらもエアコン1台で年中快適に過ごせる家」は
エアコン1台だけを稼働し、家中を快適温度に保つことができます。
その秘密は「ダブル断熱」!
エアコン1台が稼働している様子をご体感いただき、
高気密高断熱の「ダブル断熱」のメリットをご覧ください。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

【完成見学会】東近江-湖東8/25-26 ダブル断熱,ゼロエネルギー※イベントは終了しました

2018.8.28  |  イベントレポート

まだまだ暑さの残る8月最後の土日に
モデルハウスの近くで見学会を開催いたしました。
18年前にご建築させていただいたご実家のお隣に
息子さんご夫婦が建てられたお家です。
田園に囲まれ気持ちのいい風が吹き抜ける立地です。

片流れ屋根がシャープな印象でありながら、
ブラウンのガルバリウム鋼板をベースに、
モルタル壁と無垢の木をアクセントにした外観は
周辺の建物にも馴染む印象です。

内装も無垢のフローリングに珪藻土の壁、
天井には無垢のレッドシダーを貼り合わせ、
落ち着いた仕上がりとなっています。

高気密高断熱の「ダブル断熱」の優れた断熱性能は
住まいに使用されるエネルギー(光熱費)が「ゼロ」という
大きなメリットがあります。
建物を気密断熱化する事で必要なエネルギーを抑え、
太陽光発電などの設備で必要なエネルギーをサポートする
「省エネと創エネ」で実現します。

「ダブル断熱」にお住いのお客様の家では
「エアコンが効きやすい」「エアコン1台で快適」
=「省エネ」が実現されています。
今回の見学会でもエアコン1台の快適さをご体感いただくことができ、
「1台だけでも十分に涼しいですね」とのお声をいだきました。

次回は東近江市内、旧の八日市にて完成見学会を予定しております。
是非こちらへもご来場ください。

ご来場の皆様、お家をお貸しいただきましたK様、
この度は誠にありがとうございました。

(以降は見学開催前のご案内です)
モデルハウスの近くの完成見学会開催のご案内です。
こちらのお家の見所は「ゼロエネルギー」です。

「ゼロエネルギー」とは、
1年間に使用されるエネルギーが「正味ゼロ」であることです。
どのようにすればエネルギーをゼロにできるのか簡単に言うと、

①省エネ:建物を気密・断熱化し、冷暖房などに必要なエネルギーを減らし、
②創エネ:太陽光発電などを設置し、エネルギーを創り創り出す。

住まいに必要なエネルギーを「減らして、創る」
=「エネルギーを自給自足」してゼロにするのです。

これからの家づくりでは①の建物の断熱・気密化での省エネは不可欠です。
楠亀工務店の家づくりでここ数年特に力を入れているのが『ダブル断熱』です。

高性能の断熱材で建物を隙間なく覆う「外張り断熱」と、
分厚い断熱材を柱の間に埋め込む「充填断熱」を組み合わせた『ダブル断熱』は
夏も冬も1年中、エアコンたった1台を稼働するだけで快適に過ごせる断熱方法です。

屋外の熱を侵入させず、室内の冷気(冬は暖気)を外へ逃がさない『ダブル断熱』は
エアコンが効きやすく快適に過ごせ、光熱費を抑える効果も大きなメリットです。

また、水周りを2階に配置した間取りには、
1階のリビングを耐震構法SE構法の特徴を活かして広々としたい、
家事の中でも負担の大きい洗濯導線をワンフロアーで済ませたいとのご希望で、
洗面脱衣〜室内物干し〜寝室と、生活のしやすいレイアウトが魅力です。

外観では2階がハネ出すオーバーハングのデザイン、
無垢の木板や、格子がアクセントで印象的です。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

【OB様宅見学会】in甲賀市信楽8/5日 10-17時エアコン1台で快適,光熱費も嬉しい家

2018.8.6  |  イベントレポート

まだまだ猛暑が続く日曜に、信楽にてOB様宅見学会を開催いたしました。
「エアコン1台で涼しく快適」なご様子をご体感いただきました。

広めの土地をご購入されたI様は、リビングが庭に広く面するよう
大きな掃き出し窓を2ヶ所に設けられ、
黒い色で統一された内装も明るく気持ちのいい空間が広がります。
窓の外にはウッドデッキを設け、庭への出入りがしやすい間取りです。
リビングには和室が隣接し、今はお子様の遊び場にされていました。

キッチン奥には勝手口があり、造り付けの収納も重宝されています。
他にもTV台やパソコン台など、同じ素材を用い同色に仕上げた家具は
内装に統一感があり、ご来場の方にも好評でした。

リビングの上部には吹抜けがあり、小窓壁を挟んだ向かいには
寝室、ベランダが設けられています。
寝室の小窓からは吹抜けとホールを挟んで
子供部屋が見えるのがポイントですね。

夏には吹抜け上の2階に設置されたエアコン1台のみを稼働します。
この日もエアコンからの冷たい空気が吹抜けを伝い、
家中快適な気温に保たれていました。
夏には暑い外から帰宅すると玄関ドアを開けた途端に、
室内が冷えていることをご体感いただくことができました。

ご来場いただきました皆様、
お家をお貸しいただきましたOBのI様、
誠にありがとうございました。

次回は8/25土、26日に
モデルハウスの近くで完成見学会を開催します。
こちらではより詳しく「ダブル断熱」や「SE構法」をご説明いたします。
是非こちらでも皆様のご来場をお待ちしています。

(以降は見学開催前のご案内です)
見学会で「エアコン1台で夏の涼しさ」をご体感され、
家づくりをスタートされたOBのI様宅にて見学会を開催いたします。

県内でも寒さの厳しい地域に建築予定をされていたI様は、
「寒い冬に暖かく暮らせる家」を求め、家づくりを始められました。

初めてご訪問いただいたのは建物が完成する1年前の夏。
「吹抜けがあってもエアコンたった1台で家中が涼しいですね。」と、
高気密高断熱の『ダブル断熱』を初めて知り、その性能に納得され、
「これなら冬も暖かく過ごせると」と思っていただいたのが切っ掛けでした。

実際にお住まいの地域は、冬には洗濯物が凍るほど冷え込み、
お仕事をされる奥様も、冬の洗濯には困られていましたが、
新しいお家では室内物干しのできるスペースを2階の吹抜け近くに設け、
「一晩でほぼ乾いてしまうので助かります。」と喜びのお声も。
「しかも光熱費は思っていたよりかかりませんでした。」とのこと。

この快適さと低光熱費の秘密は高気密高断熱の『ダブル断熱』です。
高性能の断熱材を隙間なくはる「外張り断熱」と
分厚い断熱材を柱間に入れ込む「充填断熱」を組み合わせた
『ダブル断熱』は、(夏には)外の熱が入りにくく、中の冷気を逃しにくく、
エアコンの効きやすい室内環境をつくります。

夏の暑さが一番厳しいこの時期に、
実際にエアコン1台でお住まいのOB様宅をご見学いただき、
「ダブル断熱」のメリットをご体感ください。

雑誌「京都滋賀で建てる 注文住宅 2018年夏秋号」(リクルート社発行)
掲載のお家です。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

 

【OB様宅見学会】東近江-能登川7/22 働く母を助ける涼しい家イベントは終了しました

2018.7.26  |  イベントレポート

東近江でも35度を超える猛暑となった日に
お引渡しから1年半お住まいになられたOB様宅にて
見学会を開催いたしました。

黒いガルバリウム鋼板と無垢のレッドシダーの外壁と
庭の芝生が綺麗で、庭造りのご参考にしていただけました。

屋内へ入ると正面には和室があり、
仕切られることなくリビングへと繋がる玄関ホールは
壁面のニッチに埋め込まれた間接照明がアクセントです。
仕切りのない玄関ホールは意外に思われるかもしれませんが
空間の広がりを感じることができます。

リビングは、ウッドデッキに繋がる掃き出し窓で明るく、
上部の吹抜で天井も高くゆとりのある空間です。
木の色合いで統一された空間に、ブルーのソファーが印象的でした。

キッチンは子育て中にリビングを見渡しやすいフルフラットにし、
お仕事をされる奥様がサッと動くことができるキッチンと一続きの
ダイニングテーブルを造り付けています。
キッチンの向こう側にはメモを貼り付けるマグネットボードや、
水回りを近くに配置するなど、家事をこなしやすいレイアウトに
こだわられた間取りです。

洗面脱衣の近くには土間の物干しがあり、
またそのすぐそばには和室に直結した4帖の
ウォークインクローゼットが配置され洗濯導線には1番こだわられました。

吹抜け空間と兼ねて備えたリビング階段の先には
当初より間仕切りをした子供部屋が設けられています。
将来、間仕切りによってできるもう一つの子供部屋スペースは
現在は吹抜けを通してキッチンからも見える場所でもあり
遊び場として利用されていました。

吹抜けに設置された壁掛けエアコンは夏に稼働させ、
この1台だけで家中が心地のいい涼しさで保たれていました。
吹抜け上部のトップライトは排熱用に設けたものです。
また寝室では、枕元に造りつけた棚が重宝すると好評でした。

お子様にも楽しんでいただくことができ、
ご来場いただいた皆様、OBのO様には心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

次回は8/5日に信楽にてOB様宅見学会を開催いたします。是非ご来場ください。

 

(以降は見学開催前のご案内です)
2016年の冬にお住まいをされたOB様宅の見学会開催のご案内です。

何度も見学会にご来場いただき、生活のしやすい間取りを重視して
家づくりをされたO様宅です。

広い土地に建築を決定されたO様は、
忙しく働く奥様が家事をこなしやすい家をご希望でした。
何度も見学会へご来場され、納得のできる家づくりをされました。

ある見学会でご覧になったお家を参考にされ、
特に洗濯導線をワンフロアーで完結することを優先しました。
1階の洗面近くに土間の室内干し部屋と、
衣類収納のウォークインクローゼットを設けました。
土間の物干し部屋はご主人の趣味でもある釣り道具なども置いて、
納戸としてもとても重宝されています。

見学会では断熱性能の良さにも共感いただき、
エアコン1台で得られる快適さのため、
大きな吹抜けを建物の中心となるリビング上部に設けています。

「もともと木の雰囲気が好きだったこともあり、
木造でも耐震性の高いSE構法を見てとても気に入りました。
見学会では断熱性能の必要性に共感してお願いすることにしました。
住まい後は、住みやすい間取りであること、
大きな窓や吹抜けが広々として気持ちよく、
吹抜けなのにエアコンが効きやすく、断熱性能の良さを感じています。
冬は家中どの部屋も暖かく快適で、
特に脱衣室の床に敷いたタイルが暖かいことには驚きです。」
と、取材時にご夫妻がお話くだささいました。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

【完成見学会】in彦根7/7-8 ブルックリンスタイルで魅せる家イベントが終了しました

2018.7.9  |  イベントレポート

彦根にてブリックタイルが印象的なお家の見学会を開催しました。
NYブルックリン地方が発祥となる「ブルックリンスタイル」は、
アーティストが多く住んだことにより生まれたデザインで、
ヴィンテージ感の強い素材が使われていることが特徴です。

レンガのようなブリックタイルの外観は、
ガルバリウム鋼板や窓の黒で落ち着きが出ています。
「この周辺の建物とは違うけれど、特に浮いた感じはしないですね。」
とのご感想をいただきました。

リビング内にも同じタイルを使い、
屋外用照明などを使うことで外の雰囲気に仕上がった内観にも、
「やはりタイルはインパクトがあり、いいですね。」と。
黒いアイアンや、レッドシダーの無垢の木とも相性が良く
心地のいい内装に仕上がりました。

2日目の日曜には天候も回復し「エアコン1台で涼しい」状況を
ご体感いただくことができました。
また冬に使用するものではありますが、
洗面化粧台の下に設置した「床下エアコン」をご覧いただき、
「冬でもエアコン1台で暖かく過ごせる家」の秘密も
ご確認いただくことができました。

貴重なお休みの日にご来場いただきましたみなさま、
ご入居前にお家をお貸しいただきましたお施主様、
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

次回は東近江能登川にて、OB様宅見学会を開催いたします。
またこちらにもご来場いただけますことお待ちしています。

(以降は見学開催前のご案内です)
ヴィンテージ風のタイルが印象的な外観と、
同じタイルで外観の雰囲気を漂わせるリビングは、
ご夫婦がこだわって仕上げた「ブルックリンスタイル」の家。

「ブルックリンスタイル」とは
NYのブルックリン地区を発祥とするスタイルで、
ヴィンテージ感の強い素材をインテリアに取り込んだデザインが特徴です。

屋根はあえて軒を出ずに仕上げてスタイルを強調しつつ、
大きな窓のある南面にはしっかりと軒を設けて日差しを遮るなど、
快適さにも工夫を凝らしました。

リビングのタイル仕上げの壁には外観と同じタイルを使い、
屋外用の照明器具などを取り付け、
インテリアにも屋外要素をふんだんに取り入れるなど、
徹底されたデザインも見所です。

内部ではご夫婦それぞれの趣味部屋にも特徴があり、
観葉植物のための部屋、読書のための部屋、
猫との生活を考えて取り入れたデザインや、
「かまくら」のように「篭る」和室など、
ご覧いただけますと幸いです。

暑い季節に「エアコン1台で快適に過ごせる家」の、
光熱費を抑える事ができる秘密をご覧ください。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

 

【OB様宅見学会】東近江-八日市6/30-7/1 エアコン1台で快適な家イベントが終了しました

2018.7.3  |  イベントレポート

ご入居されたばかりのOB様宅にて見学会を開催させていただきました。
黒いガルバリウムに無垢のレッドシダー(米杉)や
白いタイルが綺麗に映える外観が、夏の陽の中で際立つお家です。

主要な道路の沿道であることから、
「前から気になっていました」とご予約いただいたお客様もあり
多くのご来場者様にご見学いただきました。

間取りの中でも好評だったのが、
屋外の収納を兼ねた、玄関と土間つづきのクローク、
他には、
1階のウォークインクローゼットでした。

特にウォークインクローゼットは、
洗面や脱衣室に直結し活用しやすいレイアウトで、
階段からホールを通って出入りできることも利便性の高さがあります。
例えばお子様が成長された時に、来客時にはリビングを通らずに
洗面所にアクセスできる事も利点の一つです。

吹抜けに隣接するインナーバルコニーは
外観写真でもご覧いただけるように軒でしっかりと覆われ
雨天での物干しにも重宝する広さがあります。
大きな窓で、下階のリビングに光を届ける役目も果たします。

建築当初より2部屋設けられた子供部屋は
6帖の部屋の上にロフトがあることで、
限られた空間ではありますが、「広く感じた」とのお声も多くいただきました。
また、造りつけられたクローゼットや、スタディデスクも好評でした。

ご来場者の皆さま、OBのM様、誠にありがとうございました。
次回は7/7土、8日と彦根にて完成見学会を開催いたします。
ぜひご来場ください。

(以降は見学開催前のご案内です)

この5月にご入居されたばかりのOB様のお家の見学会です。

黒いガルバリウム鋼板をベースに日差しをしっかりと遮る軒と、
白いタイルや無垢のレッドシダーがアクセントとなる外観。
南面にアイアンを取り付けたワイドなベランダが印象的です。

内装では無垢材のレッドシダーが持つそのままの風合いを活かし
表情豊かに仕上げた天井が広いリビングに際立ちます。

中でもご家族様が自ら仕上げられた内装の珪藻土は
左官職人も驚くほど仕上がりがきれいで、こちらも必見です。

また「エアコン1台で年中快適に過ごせる家」は、
真夏でも真冬でも「たった1台のエアコン」を稼働するだけで
家中どこでも快適な室内環境を保ちます。
その秘密は高気密高断熱の「ダブル断熱」によるもの。

外張り断熱と充填断熱を組み合わせた「ダブル断熱」は、
しっかりと建物を覆っているため
内外の空気の出入りが極めて少なく、
外の温度を中に伝えない性能の高い断熱方法です。

そのおかげでエアコンが効きやすく、光熱費を軽減できるメリットがあります。
実際にお住まいのOB様のデータをご覧いただき、
家づくりのご参考にお役立ていただけますと幸いです。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

【OB様宅見学会】in東近江湖東6/17 SE構法で広々空間の家イベントが終了しました

2018.6.21  |  イベントレポート

築4年のOB様宅にて見学会を開催させていただきました。
こちらのお家は雑誌にも弊社HPの建築実例にも掲載させていただいています。

「雑誌で見て、是非見学したいと思っていました。」
「家づくりの参考にしたかったお家です。」
と皆さまから以前よりご見学のご希望があり、
多くの方にご来場いただくことができました。

家の中心となるリビングには大きな吹抜けがあり、
リビング階段で、2階のホールまで広々とした空間が印象的です。
LDKは玄関、和室、洗面脱衣、パントリーと各部屋が繋がり、
住みやすく理想的な間取りとご来場者さまからも大変好評でした。

階段の登り口横には洗面脱衣室があり、
2階から繋がりのいい位置に配置され、生活のしやすさを感じます。
奥様だけでなく、将来成長されたお子様も、
2階から「降りて直ぐ」の洗面は重宝されるでしょうね。 

階段を上ると正面に寝室、隣には将来個室にも変化可能なホールがあります。
その更に隣にはセミオープンの書斎がチラッと見えます。
屋根の形状に合わせた勾配天井が広々と気持ち良さがあり、
1階から2階を見上げると更に天井の高さがわかります。
階段を上がって反対側には将来のお子様の部屋となる個室と、
廊下の端には収納が設けられています。
OB様宅の見学会では、実際に収納の中の様子まで見ることができ、
具体的に家づくりのご参考にしていただける事は大きなポイントです。

2階から下階を見るとダイニングキッチンが見え、家族の気配を感じ、
家中がワンルームのようにひと繋がりの良さを感じます。

今回も多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。
お家をお貸しいただきましたOBのS様には心より感謝申し上げます。

次回は6/30土ー7/1日と2日間、ご入居すぐのOB様宅見学会です。
またこちらにもご来場をお待ちしています。

(以降は見学開催前のご案内です)
2014年春に完成したOB様のお家の見学会です。

夢でもあった大きな吹抜けと
窓からの採光で明るく気持ちのいいリビング空間は
大開口空間を得意とする耐震構法SE構法によるものです。

集成材と独自に開発されたSE金物を使用し、
1棟1棟、全ての家を構造計算し安全を確かめるSE構法は
地震時に全ての構造材に掛かる負担をシミュレーションし、
梁や柱の1本1本まで計算された安心の構法です。

従来の木造に比べ柱を少なく出来ることで、
広い空間や、大きな吹抜けを設計することができ、
理想であった広くて明るいリビングを実現しています。

OB様宅の内外装には、無垢の外壁やフローリング、
天井や壁には吸湿性の高い珪藻土を用い、
白い珪藻土に映える化粧梁や造り付け家具には自然塗料など
自然素材で空気感が心地いい仕上げです。

ご家族に合わせデザインした
奥様こだわりのダイニングキッチンは
これまでの見学会でも大変好評で必見です。
この機会に是非ご見学ください。

見学会はご予約制とさせていただきます。
・ホームページ「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185 よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。
みなさまのご来場をお待ちしています。