楠亀工務店

お問い合わせフリーダイヤル0120-45-3185

月別: 2016年7月

住まい暮し情報サイト『LIMIA』
『10年愛の家』連載 第1号
お客様のお家が掲載されました!!

「何年経っても愛着がもてる家づくりとは何だろう?」
ということに迫る『10年愛♡の家』連載企画。
草津市の楠亀OB様のお家が、第1号として掲載されました。

8年前にお引渡しをさせていただいたOBのT様。
7月初旬に掲載のための取材にお伺いしました。

T様のお宅は、モデルハウスの外観を気に入って決定され、
ご家族みなさまで黒色に塗装された板張りの外壁が印象的です。
8年が経過すると、黒色だった外観も少しずつ色が褪せていい雰囲気が出ていました。スクリーンショット 2016-07-25 13.45.20

お子様もいらっしゃるのですが、室内は8年も経過したとは思えないくらい
物も少なくシンプルな暮らしをされていたのが印象的でした。
「物をあまり持ち込まないように、シンプルに暮らしています。
出来るだけ床に物を置かないようにもしているんです。」
と暮らし方を教えてくださるご主人。IMG_1057
写真は取材時の様子です。

建築時にフロアー塗装や内装の珪藻土をご自身で仕上げられたことを切っ掛けに
お住まい後にも、庭やインテリアにとDIYを楽しんでおられるT様。
「趣味は・・・”家”です!」と
楽しい暮らしをされていました。

住まい・暮らしの情報を掲載されているサイト「LLIMIA(リミア)」にて、
T様が家に愛着を持って住まわれている様子をご覧ください。

──リンク──────────────
「リミア 10年愛の家」
https://limia.jp/idea/32590/
───────────────────

【雑誌に掲載されました】
京都滋賀で建てる注文住宅
(2016夏秋号)

リニューアルされました雑誌、京都滋賀で建てる「注文住宅」に
京都のお客様のお家を掲載いただきました。

_DSC7032理想をすべて叶え、夢を実現された京都のお客様F様。
SE構法の特長を活かした広いリビングのお宅です。
断熱性能や、間取りのこだわりなど、
家づくりのご様子が掲載されています。スクリーンショット 2016-06-28 15.34.06

また同士は書店でも目につきやすい表紙にリニューアルされ、
家づくりの参考になる体験談が「お金」「間取り」「経験者の声」と
項目別にわかりやすく掲載されています。

店頭にて販売されています。
是非ご覧ください。

0430_001

 

 

 

【OB様宅見学会レポ-ト】in安土
7/17日 ダブル断熱・2F水廻の家
見学会が終了しました

2階水廻りのOB様宅は、高気密高断熱の「ダブル断熱」で
1階のエアコン1台でも涼しく、快適な見学会でした。

海の日の7/18月、近畿でも梅雨明けが発表されました。
その前日となる17日に暑い1日となりましたが、
6組のお客様にご来場いただきました。

OBのK様邸は「2階水廻り」のお家。
お住まい後8ヵ月が経過されるK様に、改めてお話をお伺いしました。
「洗濯を優先に2階水廻りの間取りを決めました。
2階にベランダやクローゼットがあるため、洗濯動線を短くしたかったのと、
梅雨や冬は室内干しをするのですが、室内では2階で特に吹抜け回りが
洗濯物が最も乾きやすいことも、間取りを決めたポイントでした。」

実際に、2階洗面室前の吹抜け沿いの通路の壁には
伸縮式の物干バーが2台設置されています。
ここはベランダの窓に面していて明るく、湿気が少ないのも事実。
「吹抜け」は空気が自然と上下に対流しやすい空間であるため、
室内で洗濯物を乾かす場所としては効果がある場所と言えます。
小さなお子様を洗濯中に近くで見守るため、プロジェクターも設置されています。

ご来場のお客さまからは「2階水廻りもいいですね!」とのお声。
設計段階でにこのような間取りのご提案に「不便では?」と
悩まれる方もいらっしゃいますが、見学会では良さをご覧いただく事ができました。

IMG_4161
1階では水廻りを2階に配置した分、広々としたリビングに。
ダイニング〜キッチンが対面ではなく、一続きに配置されています。
キッチンに立ちながら配膳や小さいお子様のお世話がしやすく、
ご検討中のお客様にも、この配置を採用いただくケースが増えてきました。
キッチンの背中側を板張りで仕上げているので、インテリア感も上がります。IMG_1831
キッチンの近くには階段があり、階段沿いの壁の奥には和室を設けられています。
階段下を収納にせずオープンにしている事で、リビングをより広く使われています。
階段は蹴込み板(立上がり部分)のない「ストリップ階段」で閉鎖感がなく、
見た目にも広さを感じることができる仕上がりです。IMG_4157
終日暑い日でしたが、高気密高断熱の「ダブル断熱」で
1階の壁掛けエアコン1台だけでも、十分快適に過ごせたとの事でした。
K様のお宅には、冷暖房機器はエアコン1台しか設置されていません。
「冬は1階のエアコンに加え、暖房機器を追加しようと思っていました。
ひと冬越してみたのですが、エアコン1台だけで十分でした。
夏も暑い今日もこんな調子なので、一年中エアコン1台だけで過ごせそうです。」
とK様。
建築時に想像されていたよりも、「ダブル断熱」の断熱性能の良さを感じながら
お住まいいただいているようで、その事も見学会ではお話してくださいました。

昨日亜は、現在のお住まいでの困りごとを解決する方法や、
間取りをご検討中の方にご参考にしていただけた見学会であったかと思います。
ご来場いただきましたお客様、お家を快く見せていただきましたK様
心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

次回は7/31土、31日 栗東にて完成見学会を予定しています。
こちらも是非ご来場をお待ちしています。

 

—ここからはイベントのご案内です。—

2015年、安土の分譲地に建てられたOB様のお宅の見学会です。
7月の暑い季節に「ダブル断熱」で夏も涼しく快適なお宅。
2階に水廻りを配置した間取りも必見です。

2階に水廻りをもってくるのは少し思い切りが必要かもしれません。
老後は大丈夫かしら?
階段の上り下りが不便では?

ですがその分メリットも出てきます。
ひとつ目は、1階を広く使えること。
こちらのK様邸では1階に広いLDKと和室の他に、
玄関クロークと、家事スペースを設けることが出来ました。

3帖の玄関クロークはその収納量にも満足できる広さがあります。
勝手口とつながっていることで、格子付きのドアを開けておくと
北からの風の通りもあり、物置きスペースとしては最適です。IMG_0645

キッチンの奥には3帖の収納を兼ねた家事スペースを配置。
こちらも北に面していることから風通りが良く、
窓からの明かりで作業スペースとしてはちょうどいい場所となりました。
パントリーとしての収納も万全です。IMG_0640

ふたつ目のメリットは、洗濯動線を単純にできること。
脱ぐ→洗う→干す→仕舞う→着替える…
一連の流れをワンフロアーで行えることは、主婦にとっても助かりもの。
1階の寛ぎのスペースに衣類が散らからないので、急な来客があっても
いつでも迎え入れることが出来そうです。

2階の水廻りを一度ご覧いただきますと、
またひとつ家づくりのご参考にしていただけるかと思います。

暑い季節になっていますので、「ダブル断熱」の断熱効果も
是非ご体感いただきたい見学会です。

こちらのお家では昨年11月に完成見学会を開催させていただきました。
一度ご来場いただいていたとしても、
「あのお家、どんな住み方をされているのかな???」と
是非とも、もう一度ご来場くださいますと幸いです。0717 黒田邸 リビング IMG_0626

見学会はご予約制とさせていただきます。
・こちらのページ右「イベント参加申し込みフォーム」より
・フリーダイヤル 0120−45−3185
よりお申し込みください。
ご予約後に会場の地図をお送りさせていただきます。

みなさまのご来場をお待ちしています。

イベント参加申し込み